Videonエンコーダ

Videon
LiveEdge® Node

製品特長

Videon社のLiveEdge® Nodeは、超低遅延に対応した非常に小型な、4Kエンコーダーです。
出力プロトコルとしては、超低遅延の、LL-DASHやLL-HLSのほか、RTMPや、Uni/MultiCastはもちろん、SRTとZixiにも対応しています。
また、LiveEdge® Nodeは、SCTE35にも対応しているうえ、クラウドで制御が可能です。
Dockerアーキテクチャを採用しており、各種アプリを追加することができ、PTZカメラの制御や、HTML5ベースのグラフィックや字幕の追加がリアルタイムで行えます。

特長

  1. HTML5ベースのグラフィック挿入
  2. 超低遅延に対応した小型4Kエンコーダー
  3. 3G-SDI,HDMI による入力
  4. 1:n マルチプロトコル出力が可能
  5. SCTE35の挿入
  6. LiveEdge® Cloud経由によるリモート制御が可能
  7. Dockerアーキテクチャを採用
  8. PTZカメラの制御

機能イメージ図

製品詳細はこちら
データシートはこちら
(PDF / 1070KB)

Videon
LiveEdge® Max

製品特長

Videon社のLiveEdge® Maxは、 LiveEdge® Nodeが持つ特長に加え、より高い解像度とループスルーに対応する2本の12G-SDI入力と1本のHDMI入力に対応しており、最大で4K60pの入力に対応しています。
また、LiveEdge® Nodeに比べ2.5倍の演算速度を実現し、最も負荷の高いワークフローを合理化するように設計されています。

製品詳細はこちら
データシートはこちら
(PDF / 1136KB)

Contact お問い合わせ

弊社の製品・ソリューションに関するご質問やご相談、資料請求のご依頼など、お問い合わせフォームをご利用ください。